新聞・雑誌・TVなど、メディアに紹介された内容を、掲載致します。

H.24年8月27日(月) 伊豆新聞に掲載された記事

著書 禅とマネー

←クリックすると拡大表示されます。

 

 

伊豆小室山の地に、禅堂を開設して間もない頃、地元の伊豆新聞に掲載された記事です。

 

この時の初心を忘れぬ様、日々努力して行きたいと考えております。


H.26年7月25日、ビジネス・ジャーナルに拙著が採り上げられました。

Business Journal←クリックするとBusiness Journalが表示されます。

H.26年9月12日(金)の東京新聞、同年9月19日(金)中日新聞の掲載記事

生田一舟 禅とマネー

←クリックすると拡大表示されます。

 

小職が銀行員の頃、家庭内で発行していた通貨「Tousan」について取材を受けた
ものです。

 

お金を通じ、愛情を伝える一つの方法です。ご参考にして下さい。
中日新聞←クリックすると中日新聞電子版が表示されます。


H.26年9月13日(土) 人気トーク番組「カツヤマサヒコSHOW」へゲスト出演

生田一舟,臨済宗,僧侶

←クリックすると拡大表示されます。

 

人気コメンテーターでジャーナリストの勝谷誠彦さんと、本音で語り合ったトーク番組です。

 

カツヤマサヒコSHOW(H.26年9月13日放映動画)


H.27年3月5日(木)、「プレジデントFamily」への掲載記事

生田一舟 禅とマネー

←クリックすると拡大表示されます。

 

プレジデント社の教育誌プレジデントFamilyに、「教育ルポ@金銭教育ってどうやればいいの? 〜家庭内通貨を作ったお坊さんパパ〜」というタイトルで、採り上げられました。

 

プレジデントFamily 2015春号


H.27年6月3日(水)、SBS静岡放送ラジオ局「IPPOセレクション」出演

禅とマネー,生田一舟
 ↑クリックすると動画が表示されます。

 

銀行員時代に家庭内で発行していた通貨「Tousan」について、静岡放送ラジオ局のアナウンサーの野路毅彦さんと、番組で対談致しました。

H.27年11月28日(土) インタヴュー・ドキュメント番組「その時、私は」へゲスト出演

生田一舟,臨済宗,僧侶

本番組は、フジテレビ系で15年以上続くインタビュー番組です。
文芸評論家の福田和也さん、アナウンサーの藤村さおりさんと、対談して参りました。
生田一舟,臨済宗,僧侶

 

「~インタヴュー・ドキュメント~ その時、私は」(放映動画)

 

なお、番組制作のコンセプトは、以下の通りです

 

その時、本当は何が起きていたのか。
日本の一時代を担う主人公たちが、人生の決定的瞬間の裏側・"秘話"・そこに至るまでの歩みを貴重な資料や映像と共に綴る。聞き手は、文芸評論家・福田和也。独自の視点でゲストの人生に肉薄し、“生きる”ことの意味やヒントを探る。


H.28年5月1日(日)、機関紙「レコンキスタ」」へ小職の連載が始まりました。

生田一舟

本日発刊される「月刊レコンキスタ」という正論を展開する機関誌444号から、これから約1年間、小職の連載がスタートます。

 

タイトルは、「マネーに喝! 〜グローバル経済vs.共助型経済〜」で、1回あたり5,000字(新聞紙面の約1面分)の大型連載企画です。

 

読者層は、右左問わず全国の有識者が中心で、経営者や国会議員の愛読者も多いと聞いております。

 

頑張りますね!


H.29年1月5日、中日新聞に小職の取り組みが掲載されました。

生田一舟 禅とマネー

←クリックすると拡大されます。

 

「内なるトランプ」という、お正月からスタートした同紙の新春連載に、小職の取り組みが紹介されました。
「魂までは、売れない 〜拝金主義にあらがう〜」というタイトルです。
宜しければ、ご参照下さい。


H.29年12月〜H.30年1月、小職の事業が、京都新聞・伊豆新聞・毎日新聞・静岡新聞・日経新聞に掲載されました。

Izufun,ふんどし,生田一舟,

←クリックすると拡大されます。

 

禅堂に併設した児童福祉と障害福祉の事業が、少しづつ花開いて参りました。
取り組み姿勢が興味深いと、京都/知恩院での展示会の様子を、京都新聞と毎日新聞が報じて下さいました。
また、地元では、伊豆新聞が一面トップで報じて頂き、静岡新聞でも大きく採り上げて頂きました。
日本経済新聞では、伝統ある文化欄で、山本晃先生の歩みとして紹介されています。
不思議なことに、振り返ると自分で書いておきながら、拙著自体が自身の経営マニュアルになっており、まったく事業とは、自分の器の範囲で良い修行になると感じます。
「歩々是道場 万物我一体」

 

Izufun,ふんどし,生田一舟,
Izufun,ふんどし,生田一舟,  Izufun,ふんどし,生田一舟,   Izufun,ふんどし,生田一舟,

 

*知恩院での展示会の様子は、ネットチャンネルKYOでも採り上げられました。

 

梅染プロジェクトin知恩院(You Tube動画)

 

 

以下は、伝統産業と福祉をつなぐ「伝福連携」、農業と福祉をつなぐ「農福連携」を、立体的に取り組んでいる事例として、東京新聞と中日新聞に、3日間連載頂いたものです。

 

↓クリックすると拡大されます。
Izufun,ふんどし,就労支援,

 

Izufun,ふんどし,就労支援,

 

Izufun,ふんどし,就労支援,