健全な経営は、健全な魂から生まれます。臨済宗伊豆小室山禅堂は、健全経営を目指す方々を応援するお寺です。

ご挨拶

「仏法を、信じて、歩く」

 

「経営」とは、経を営むと書きます。
「経」とは織物の縦糸のことで、サンスクリット語ではスートラといい、釈尊の説かれた教え(お経)を示します。
また転じて、教えの基本線や正しい道理のことも意味します。

 

「経営」という言葉も、もとは仏教語で、「目標を定め、力を尽くして励むこと」という意味です。

 

私は23年間、三菱UFJ信託銀行に勤務し、法人融資や経営企画などの経験を積んだのち、禅の僧侶になりました。銀行の現場では、有り難いことに多くの経営者の方々と接する機会をいただき、さまざまな勉強をさせてもらいましたが、同時に、そんな立派な経営者でも、何処からか道を踏み誤って、会社を傾けていく生々しい場面にも何度か遭遇してきました。

 

経営者にとっての安定尾翼となるような永遠不滅の道理はないものか・・・・・・。
その答えは禅の僧侶となって、銀行での現場経験を思い重ねながら仏教と正面から向き合うことで、ようやく見つかりました。
健全な経営は、家族と同様に、そこに集う多くの人々の拠りどころとなります。

 

弊禅堂では、2000年以上の風雪に耐えた「四諦」「八正道」「諸行無常」「縁起」「中道」といった5つの仏教のエッセンスを正確に学び、また坐禅を通じて「今・此処」へ成りきるトレーニングを積みながら、伝統的に裏づけされた座標軸の触れない人間形成を目指し、一人ひとりが素晴らしいリーダーとして、真摯に今生のゴールへ向かってチャレンジされることを支援します。

 

合掌

 

臨済宗 伊豆小室山禅堂
生田一舟

 

Zen,Zazen,Buddhism経営,管理職,禅,坐禅,仏教,マネジメント


経営理念

<前文>

 

昨今、グローバルに活躍できる人財を求めるニーズは高いものの、それは一体どのような人材をイメージしているのでしょうか?本当にグローバルで通用する人間に必須な要素は、英語のレベルでも、時流に乗る技術でもありません。

 

本当に求められる人財は、同心円の如く、家庭や地域といった小さな領域から世界的規模に至るまで、どんな場所や場面でも、軸を振らさず、自ら考える能力をもって対処できる人間です。

 

一方、自らの軸を養うには、日本人なら日本人らしい伝統的価値観をしっかり身につけ、その土台のうえに時間をかけて、個々の眼前に生じる現実へチャレンジしながら、経験を重ね、磨き上げるしかありません。 また、そうした人材は、成長し磨かれるプロセスの中で、何よりその人自身が輝くのです。

 

「照顧脚下(しょうこきゃっか)」

 

私たちは、せっかく日本という世界最古の歴史を誇る国に生まれたのですから、その文化的真髄を頼りに、リーダーとしての人格を形成してゆくのが、最も理に適っているのではないでしょうか。

 

仏教は、この国土に根ざし、すでに約1500年の歳月を重ねました。
そして、経営に役立つ永遠不滅の道理は、仏教の中に存在します。

 

臨済宗 伊豆小室山禅堂は、こうした考え方に賛同される経営者やリーダーの方々と共に、もう一度、日本をクリエイトしてゆきたいと願っています。

 

<経営理念>

 

1.健全経営を目指す人々が、絶えまなく切磋琢磨する場(field)となる。

 

2.仏教の伝統的価値観に基づき、強くしなやかな経営者を育成支援する。

 

3.リーダーたちと共に禅の精神を高揚し、もってわが国と世界に貢献する。

 

経営,管理職,禅,坐禅,仏教,マネジメント

著書1

著書 禅とマネー

「禅とマネー 〜仏教に学ぶお金との正しい付き合い方〜」
←クリックすると拡大表示されます。

 

・私達がお金に振り回されないよう、お金の研究者兼僧侶の複眼的な視点で、「お金とは何か」を分かりやすくお伝えしようとした内容です。

 

*詳細は「著書&講演会」ページをご参照下さい。


著書2

著書 ブッダに学ぶ賢者のマネジメント

「ブッダに学ぶ 賢者のマネジメント 〜経営者、リーダーに贈る仏教説話〜」
←クリックすると拡大表示されます。

 

・仏教や禅を、経営に生かす為のエッセンスを、元銀行マンの禅僧の立ち位置から、仏教説話とともに分かりやすくお伝えしようとした内容です。

 

*詳細は「著書&講演会」ページをご参照下さい。